今最も業界で求められている有能な「管理職」になって高収入を狙う

介護職で収入UP、目指してみます?
収入UPの方法あれこれ

低収入な業界と言われている介護業界ですが、だからといって収入アップさせることを諦めてはいけません。様々な収入を上げる方法について紹介していますので、自分ができそうなことをぜひ見つけてみてください。

管理職を目指す

管理職を目指す

LINEで送る

組織において重要な管理職

管理職は、どんな業界でも必要不可欠な存在です。介護業界も例外ではありませんが、新しく介護の仕事に就く人が多いことやまだまだ離職率が高いことから、ことさら管理職の重要性が叫ばれています。実際に働く施設だけではなく、業界としても大切な存在である管理職に就くことは、仕事のやりがいという面でも収入の面でもステップアップの方法として申し分ないでしょう。

管理職の給料について

では実際に介護施設の管理職はどれだけの給料をもらっているのか?という最も気になるところについてご紹介しますね。まず月給については様々な求人情報を見ていると概ね30万円ほどが相場になっていると感じます。管理職ではないスタッフと比べると約2万円程度の平均月給アップが見込めます。しかし、管理職は残業代が出ないことが多いという点には注意をしておきましょう。もちろん支給される施設もありますが、悪い施設では残業代を渋るために管理職にしようなんて考えを持っているところもあるようです。管理職を目指す場合には給料に関してしっかりと確認する!これを心がけてください。

管理職の仕事内容

介護施設の管理職はスタッフを管理することだけが仕事ではなく、施設店舗の設備管理や運営管理、利用者さんとスタッフの連携といったものも含まれます。スタッフ管理では「シフト調整」「新人の教育」「雇用契約に関すること」などが仕事になります。また設備管理や運営管理の仕事には「消耗品の在庫管理」「利用者さんの家族との連絡」「提供サービスの確認・改善」などがあります。もちろん、現場での介護業務も行いますので、利用者さんへの身体介護などが提供できなければなりません。

必要な資格について

管理職になるために必要な資格は介護施設の種類によって違うで、チェックしておきましょう。特別養護老人ホームの施設長になるためには、社会福祉施設超サービス管理研修を修了していることが条件になります。介護老人保健施設の施設長は医師免許を所持していなければなりませんので、基本的には介護職から目指すという人はあまりいませんね。介護職の管理職として最も多いといえるのが、訪問介護事業所のサービス提供責任者です。この管理職に就くためには「介護福祉士」「看護師」「准看護師」「保健師」いずれかの資格取得者、「介護職員実務者研修」の修了者、「介護職員初任者研修」を修了して実務経験を3年以上が条件です。グループホームやデイサービスなど、施設形態によっては資格を必要としないところもあります。

介護職で高収入を狙う

介護職で高収入を狙う

「介護業界は低収入だから仕方ないかー」と現状を諦めていませんか?介護職でも高収入を狙える方法がありますから、ぜひ当ウェブサイトを参考に収入アップを目指してみてください!Kaigo_Income_Increase@yahoo.co.jp