深い関わりが見られる介護職の収入状況と勤務年数

介護職で収入UP、目指してみます?
収入UPの方法あれこれ

低収入な業界と言われている介護業界ですが、だからといって収入アップさせることを諦めてはいけません。様々な収入を上げる方法について紹介していますので、自分ができそうなことをぜひ見つけてみてください。

年数が長くなれば他の業種より高い傾向

年数が長くなれば他の業種より高い傾向

LINEで送る

平均給与から考える収入の現状

「介護職の給与は低い」この言葉は介護職を目指す人なら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?介護職に興味を持ち、これから目指そうと考えている人にとっては聞きたくない言葉ですよね。できるなら収入面に不安を感じながら就職活動や転職活動をしたくないものです。では一体どれくらい低いものなのか?ここをわかりやすく把握するため、まずは平均月給から介護職の収入について考えてみましょう。
厚生労働省のデータをもとにした介護職の勤続年数別月給がこちらです。
1年目:約260,420円
2年目:約268,150円
3年目:約275,690円
4年目:約279,750円
5年目から9年目:約292,150円
10年以上:約326,620円
このデータから「意外と低収入とは言えない?」と感じる人もいれば、「やっぱり低いなー」と感じる人もいるかもしれません。そこで、日本全体の平均月給と比較して考えてみます。上記のデータをもとにした介護職の平均月給は約283,796円です。そして日本の全産業の平均月給は329,600円なので約45,000円近い開きがあることからも、やはり結論として「介護職の収入は低い」と現状では言わざるを得ません。

高収入になる場合

現状から「介護職になるのはやっぱりやめておこう」と考えるにはまだ早いです。なぜなら、介護職でも全産業の平均月給よりも高い収入を得ている人がいるからです。このように介護職でも高収入になるケースについて紹介しますね。
まず、先ほど挙げた介護職の平均月給をもう一度見直してみてください。お気づきになったかもしれませんが、勤続年数に比例して月給も上昇しています。他の業界よりもこの上昇率が高いので、同じ職場で働き続けることが高収入につながるケースのひとつだと考えられます。
そして、働く介護施設の形態によっても高収入につながるケースがあります。介護施設には介護老人福祉施設や介護老人保健施設、訪問介護事業所など様々な形態があります。中でも、介護老人福祉施設は平均月給が302,680円なので、介護職全体の平均月給よりも約20,000円近く高いことがわかりますよね。同様に介護老人保健施設も介護職の平均月給よりも高くなっていますので、高収入になるケースが多いです。
もっと詳しく介護職の給与について知りたいと考えている方に向けて、「介護職員処遇改善交付金」について厚生労働省が調査したデータを紹介しておきます。「介護従事者等の平均給与額等の状況について」の項で施設形態別の平均給与や、介護職の基本給、手当、ボーナスなどの詳細を確認できます。

介護職で高収入を狙う

介護職で高収入を狙う

「介護業界は低収入だから仕方ないかー」と現状を諦めていませんか?介護職でも高収入を狙える方法がありますから、ぜひ当ウェブサイトを参考に収入アップを目指してみてください!Kaigo_Income_Increase@yahoo.co.jp